結婚するなら親が元気なうちに

結婚は自分たちのことだけではなくて、親にとっても大切な問題です。
「親孝行したい時には親はなし」なんて言いますが、両親が元気なうちに結婚式を挙げるのも最大の親孝行のひとつかもしれませんね。


実際問題として、親の健康がいつまでも続くわけではありません。
「親が元気でいてくれる」うちでないとホントに結婚できないんです。


まずあげられるのが親の病気。
特にあなたが女性の場合、具合が悪くなった自分を放って嫁いでく娘を放っておくと思いますか?
「病気なんだから面倒みてよ」と、きっと依存してくるはずです。
それに精神的にも親に泣きつかれたら、結婚どころじゃありませんよね?


もう1点、介護の問題があります。
ひょっとして、親の面倒なんて兄貴がみればいいなんて考えてます?
気分的にナイーブになった親は、きっとあなたにも頼ってきますよね。


これでも「いずれは結婚」なんて悠長に構えてられますか?
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。