婚活の先にあるもの

結婚せずに独身の期間が長いと、「いつ結婚するの?」なんて言われます。
この言葉デリカシーがありませんよね?

結婚適齢期になってもカレシや彼女をつくらずにひとりでいると、近所や親類に必ず世話好きなおばちゃんがいたりして、お見合い話を持ってきてくれたりします。


でもデリカシーのないことを言われるのも縁談の話が舞い込むのも、結婚適齢期前後までだって知ってました?
まわりの人が興味をもって接してくれるのも、まだまだ売り手市場なうちだけなんです。
そんなお世話をやいてくれるのも若いうちだけなんですね。


実は結婚はゴールではありません。婚活の先には「産活」がついてまわるんです。
冒頭に書いた「いつ結婚するの?」なんて言ってくる人(たいていはおばちゃん ^^ ;)は、結婚したらしたで、今度は「赤ちゃんはいつ?」って絶対に聞いてくるんですから。


奥さんの体のことを考えれば、本当に重視したいのは結婚適齢期よりも出産適齢期なんです。子育ても大変ですけど出産も一台イベントですからね。結婚相談所を通してめでたく結婚したカップルで、すぐに不妊治療へ通うなんてケースも少なくないようです。


そのためにもいずれは結婚したいと思うなんて言ってる暇はないということなんですね。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。